MOVIE

地域にあるヒト・コト・モノの魅力を伝える手段として映像制作も行なっています。

利尻で会いましょう。
増毛のホタテ稚貝は何処へ行く?
増毛町観光PR動画 くる来るめぐる、増毛町

REBUN ISLAND NAVI

北海道礼文町の観光情報誌「礼文島Navi」。グルメやイラストマップ、観光スポット、四季折々に咲く高山植物など、島を楽しむ情報がこの一冊にまとめてあります。島の特産品が当たるスタンプラリーを企画し、観光スタンプのデザインもお手伝いさせていただきました。島内のみの配布のため、島へ訪れた際は手にとってみてください。

TAKINOUE TOWN GUIDE

北海道滝上町が開基110年を記念して、2018年に町勢要覧を発行しました。実は2008年にも制作を担当。まちの博物館に過去の要覧も展示されています。

実は、10年前も私がつくらせていただきました。

UNI CENTER EXHIBITION

良質な利尻昆布を食べて育つ利尻のウニは味の評価が高く人気です。ウニ種苗生産センターでは、親ウニを採り、採卵・受精した後、稚ウニを海に放流できる大きさまで育て、島の沿岸へ放流しています。ウニの安定した水揚げを得るための島の取り組みを解説し、間近で体験できるように展示スペースを設けました。

ウニのタッチプール
ウニのエサはガチャで購入できます。

ASAHIKAWA TELEWORK STYLE

アサヒカワ テレワークスタイルをテーマに、これからの未来の新しい働き方、テレワークの特徴や導入事例をまとめた冊子とイメージ動画の制作を担当しました。取材を通じて、職場の働き方改革を進め、より自分らしく働くことをめざす方々とお会いでき、とても良い刺激を受けました。旭川市では、少子高齢化による労働力不足への対策として、結婚、出産、介護、疾病等の様々な理由で働けない方がICTを活用し、希望や適性に応じて柔軟に働くことのできる「テレワーク」の普及推進事業を進めています。

SHIMA JIMAN

地域みんなで利尻自慢!をテーマに、島内及び利尻島に縁のある方の「利尻のここが好き!」「ここが自慢!」などの想いの詰まった写真作品を募集し、とっておきの風景12点で制作される島自慢カレンダー。この取り組みに共感し、図々しくも2018年から作品を応募させていただいています。

島自慢カレンダー2019
4月のページに私の写真が掲載されています。

FISHING FLAG

利尻島鴛泊港を拠点とする第五天興丸の進水を祝う大漁旗を制作させていただきました。利尻町マスコットキャラクターりしりんと利尻山を大胆にレイアウトしたオリジナルデザインです。図柄の再現性を優先するため機械染を選択しましたが、手染めで発色の良い大漁旗の中でも存在感がありました。